VIO脱毛と痛み

VIO脱毛はデリケートな部分だからこそ、自己処理にはしたくないという方も多いようです。
自分で脱毛して肌を傷つけてしまったら?
また、肌トラブルになって病院へ通うことになったら?
「脱毛サロンで恥ずかしい部分を見せることが嫌だ」という方も多く、そのために自己処理にしたのに、結果的にその部分をお医者さんに見せることになっては意味がありませんよね。
大事な部分だけに、カミソリなどでの処理はとても危険ですし、キズから雑菌が入ってしまうケースもあるのです。
また、除毛クリームなどは手軽でよいですが、デリケートゾーンには刺激が強すぎて向いていない商品もあります。
もちろん、自己処理にはお金がそれほどかかりませんし、空いた時間でできることもあり、メリットもあるでしょう。
ですが、VIO脱毛の自己処理のデメリットも考え、サロンがよいのか、自己処理がよいのか、自分で決めるべきだと思います。
サロンのカウンセリングで話をしてみると、不安な気持ちもなくなりますので、一度、カウンセリングを受けてみることもおすすめです。
そして、VIO脱毛で一番、気になることは、脱毛の際の痛みではないでしょうか?
美容外科などでは、医療レーザーを使ってVIO脱毛をしますが、実際に受けた方の口コミで「痛み」についていろいろと書かれています。
フラッシュ脱毛を行なっているサロンもありますが、光のボリュームを調節できるので医療レーザーより、フラッシュのほうが痛みは少ないようです。

 

 

VIO脱毛をする場合は、皮膚の中でもデリケートな部分ですから、手足や脇を脱毛するよりは痛みを感じることでしょう。
痛みに弱い方ですと、VIO脱毛の際にかなり強い痛みを感じる方も多く、特に粘膜に近いIラインや、Oラインは、かなり痛むそうです。
痛みが大きいと言われているレーザー脱毛は、その分、メリットもあり、脱毛効果が高いのでサロンへ通う回数もフラッシュ脱毛より少なくて済みます。
ですが、脱毛の際にずっと我慢しなければならないストレスはかなり大きく、途中で諦めてしまう方もいらっしゃるそうです。
例えば、VIO脱毛のなかでも、Vラインなら痛みに耐えられるでしょうが、痛みに弱い方は、IとOラインは難しいかもしれません。
また、最初から医療レーザー脱毛を諦めて、フラッシュ脱毛にしたほうがストレスも少ないと思います。
そんななか、エピレのVIO脱毛は比較的、痛みが少ないと口コミで定評があります。
「思ったよりも痛くなかった」「くすぐったい」また、「温かみを感じる程度」など、エピレはわりと良い口コミが多いです。
利用後のアンケートでも、ほとんどの方が痛くなかったという感想を残していると公式サイトに書いてありました。
それほど、痛みに関しては自信があるようです。
レーザー脱毛や、ニードル脱毛でVIO脱毛をする方も多いですが、エピレは光脱毛です。
毛根部分に直接、ダメージを与える方法なので、効果も高く、痛みも少ないと評判です。

 

 

ほかのサロンでは、VIO脱毛にS.S.C脱毛を採用しているところもあります。
より痛みが少ないとのことで「ミュゼ」や「脱毛ラボ」のサロンが人気ですから、より痛みがない方法を求めている方はこちらのサロンもおすすめでしょう。
これまでの脱毛方法は痛みがあって当然でしたが、SSC式は痛みがほとんどないことで人気があります。
また、脱毛施術をする際に、美肌のための有効成分を毛穴から浸透させますので、肌を美しくする効果も得られます。
ですから、SSC式ならVIO脱毛をしながら、その部分の肌をトリートメントしてくれるのです。
女優さんやモデルさんは、いつどのような衣装も着られるようにVIO脱毛をする方も多いですが、現在、モデルさんではなくても一般人の方もVIO脱毛をする方が増えています。
自己処理を何度もして、肌トラブルを繰り返すのであれば、プロの施術でVIOをすっきりきれいにしてしまえば、そんな悩みもなくなりますからね。
自己処理によって、毛穴が目立ったり、ぶつぶつになったり、このようなトラブルは、毛がない美しい肌を目指す方にはつらいことですよね。
サロンでの費用も安くなりましたし、VIO脱毛をするなら、安心してお願いできるサロンにお任せすることがよいでしょう。
痛みに対してとても不安な方は、より痛みの少ないSSC式を採用しているサロンがよいでしょうし、多少の痛みがあっても大丈夫という方はフラッシュ脱毛、効果が高いなら痛みも我慢できるという方はレーザー脱毛が向いていると思います。