カミソリを使ったVIO脱毛

VIO脱毛は、脱毛サロンやエステサロンで施術を受ける方法もありますが、自分で処理してしまうという方も多いと思います。
自分でシェービングできれば、費用もかかりませんし、それに、恥ずかしいデリケートなゾーンを人に見せることもありませんよね。
いくらプロフェッショナルのスタッフだと言っても、人に大事な部分を見せながら脱毛を受けることはかなり勇気が必要ですから。
VIO脱毛は、自分では、ちょっとやりにくい部分ではありますが、手が届くところは、気をつけながら行なえば問題はないでしょう。
特に、かみそりを使ってシェービングする際は、肌にダメージを与えないように行ないましょう。
かみそりを使うときの注意点としては、まず、シェービングの前に体を清潔にしておくことです。
これはVIO脱毛に限らず、顔のシェービングも手足も同じことが言えますが、万が一、傷つけてしまったり出血してしまったり、そんなときに体が不潔だとばい菌が傷口から入ってしまう場合があります。
ですから、お風呂に入って体を洗ったあと、シャワーのあとなど、キレイな肌の状態でシェービングしましょう。
また、毛が柔らかい状態、皮膚も柔らかい状態がかみそりを使う際には好ましいので、入浴後にシェービングすることがベストでしょう。
そして、カミソリのすべりをなめらかにするために、シェービングクリームや、ボディクリームを使います。
肌を保湿しておくことも大切ですから、保湿性の高いクリームを使うとよいでしょう。

 

 

VIO脱毛をカミソリで行なったあとは、クールダウンが大切です。
保冷材や冷やしたタオルを皮膚に当てて、クールダウンさせます。
普段、熱さましに使うアイスノンなどを使っても便利ですね。
かみそりで剃ったあと、ちゃんと肌を冷やせば、炎症が起こりにくくなり、赤くボツボツが出ることも予防できます。
最後は、保湿のためのクリームを塗って、剃った部分を保護しておきましょう。
VIO脱毛は、特に肌が弱いところですから、剃ったあとのケアをきちんとしないと、かみそり負けを起すなど、肌トラブルに繋がります。
これらのことを守ってシェービングすれば、自宅でVIO脱毛を行なっても、肌トラブルが起こる可能性は少なくて済みます。
また、カミソリよりも毛抜きを使って抜いたほうが、アンダーヘアを確実に処理できると思っている方も多いですよね。
毛抜きを使ってのVIO脱毛は賛否両論がありますが、プロの方に聞いたところ、毛抜きはあまりおすすめの方法ではないそうです。
無理やり毛根から抜くことは、思ったより肌や毛根に大きなダメージを与えていることになりますので、あまり良くないと言われています。
毛抜きを使うのであれば、自己処理としては、カミソリのほうが良いそうです。
ただ、カミソリも使い方によっては、危険なものなので、デリケートな皮膚を傷つけないように、フェイス用などの安全剃刀を使う、時間がないときに急いで行なわないなどは最低限、気をつけるべきでしょう。

 

 

自宅でVIO脱毛ができれば、サロンに通う費用もかかりませんし、予約も必要ありません。
朝でも夜中でも、好きな時間に処理することができますから、カミソリなどはとても便利ですよね。
除毛クリームなどでVIO脱毛をすることも考えられますが、強い薬剤が入っているため、デリケートな部分にはあまり使いたくありませんよね。
また、海外の方のようにVIO脱毛をワックスでする方法がありますが、まとめてバリっと剥がして抜くことは、痛みも伴いますので、かなりストレスでしょう。
「ブラジリアンワックス」という名称で知られている脱毛ワックスですが、VIO脱毛をする際もワックス状のものを塗り、乾いたら一気に剥がします。
繰り返して脱毛しているうちに、毛が薄くなるそうです。
VIO脱毛の際に肌ダメージが大きいと、赤く腫れてしまう方もいらっしゃるようです。
それから、ワックスを使っている方は、埋没毛が増えたり、毛膿炎を起したりというトラブルも少なくありません。
ですから、肌が弱い方は、アンダーヘアを完全に無くすより、量を調節するくらいのお手入れのほうが良いかもしれませんね。
アンダーヘアの自宅処理で、量や長さを抑えたいという方は、ヒートカッターで切るというお手入れの方法もあります。
これを使うと、毛の切り口が丸まりますから、チクチクすることがなくなります。
これまでアンダーヘアのお手入れにはさみを使っていた方にも、是非使っていただきたい商品です。