VIOアンダーヘアと除毛クリーム

vio脱毛

女性のほとんどの方がむだ毛を脱毛しています。

 

その方法はエステサロンで施術を受けたり、脱毛クリームや除毛クリームをつかったり、ワックスを使ったり、カミソリや毛抜きを使う方も多いでしょう。

 

むだ毛処理でよく使用されている除毛クリームは、毛がきれいに溶ける便利な商品です。

 

使用感としては、つるつるな肌になれますから、とてもよいと感じている方も多いと思います。

 

それに、薬剤の入ったクリームで毛を溶かす方法ですから、カミソリと違って、剃り残しが出る事もなく、毛抜きで抜く方法に比べて簡単です。

 

広い範囲を短時間に脱毛する事ができますので、手足やアンダーヘアなど、体中に使っている方も多いことでしょう。

 

除毛クリームは塗ったらしばらく放置して洗い流すだけというとても手軽な方法で、体中のむだ毛を一気に対処することができます。

 

急なデートやイベントなどがあっても、除毛クリームを使えば、短時間で仕上がりもきれい、そして、つるつるな肌にすることができるので、女性には助かる存在でもありますよね。

 

そして、カミソリのようにむだ毛の断面を太くしてしまうこともなく、新しく毛が出て来てもチクチクしないというメリットもあるのでアンダーヘアに使いたいという方も多いのです。

 

このようにメリットが多い脱毛方法ですから、むだ毛の自己処理方法のなかでも人気があります。

 

ですが、デメリットとしては、刺激の多い薬剤を使っていることで、除毛しながら肌にダメージを与えてしまうことです。

 

 

肌がそれほど敏感ではない手足や脇に除毛クリームを使うこともよいでしょうが、アンダーヘアとなると、肌のなかでもかなり敏感な部分ですから、アンダーヘアへの使用はあまりおすすめできません。

 

デリケートなアンダーヘア部分は、除毛クリームの使用で、かぶれたり、かゆくなったりと肌トラブルを起こす可能性があるのです。

 

除毛クリームは、そもそも、むだ毛のたんぱく質を溶かし、脱毛する方法です。

 

ですから、肌にあるたんぱく質を溶かすことで、肌にダメージを受けやすく、もともと肌が弱い方は特に除毛クリームでかぶれやすいでしょう。

 

敏感肌の方意外でも、アンダーヘア周辺はそもそも敏感な部分ですから、除毛クリームを使って処理することは避けたほうがよいと思います。

 

除毛クリームの説明書を読むとアンダーヘアに使えないと書いてある商品も多いです。

 

除毛クリームは商品によって使っている成分も違いますから、なかにはアンダーヘアに使える除毛クリームもあるようです。

 

そうだとしても、事前のパッチテストは必要です。

 

パッチテストで赤みがでたりかぶれがでたりしないかチェックをしてから、アンダーヘアやほかの部分に使うようにしましょう。

 

アンダーヘアに除毛クリームを使いたい場合は、安心して使える安全な商品を選びましょう。

 

デリケートゾーンはダメージを受けると、雑菌が入りやすくなり、化膿する場合もありますので、大事な部位が脱毛処理によってそんなことになっては目も当てられませんよね。

 

安心できる商品として、日本人向けに作られている商品などがおすすめです。

 

除毛クリームは海外からの商品も多く、日本人の肌に合わないケースも多いですし、成分が強すぎる場合もあります。

 

そして、もしもトラブルが出た場合に相談窓口がないことは不安ですから、その辺も考慮して安心できる除毛クリームを選びましょう。

 

例えば、日本で人気のある除毛クリームが「Dレジーナエピプレミアム」です。

 

たった10分で脱毛処理ができてしまうという手軽さ、また、美肌のプロも開発に関わったという、肌のことを考えて作られた安全性の高さが口コミでも人気なのです。

 

「Dレジーナエピプレミアム」には美容成分も配合されてあり、デリケートな方でも安心して使える除毛クリームですから、アンダーヘアにも安心して使えます。

 

この商品の開発目的が敏感肌の方のための除毛クリームということですから、肌が弱い方でも安心して脱毛できるように配合成分にもこだわっているのです。

 

除毛したあとは、お肌がつるつるになるように有効成分の「チオグリコール酸Ca」が配合されているのです。

 

そして、よく除毛剤は鼻をつくようなにおいがしますが、それもカットされているので、使用中もにおいが気になりません。

 

アンダーヘアの脱毛にも使いやすいように作られていますから、時間をおいたら洗い流すだけ、とても簡単です。

 

メリットが多い除毛クリームですから、みなさんもアンダーヘアに使いたい場合は、ぜひ「Dレジーナエピプレミアム」を使ってみてくださいね。

 

忙しい方でも手軽に全身の脱毛ができると、リピーターが多いそうです。


VIO脱毛とは

脱毛箇所の名前

女性の多くは当たり前のように手足の脱毛をしていますが、最近ではアンダーヘアの脱毛をする方も増え続けているようです。
いわゆる、VIO脱毛と呼ばれている施術です。
足や手などは、一年を通して人に見られる可能性があるものの、デリケートゾーンの毛は人に見られる機会はそうありません。
それなのにアンダーヘアを脱毛する目的は人それぞれなのです。
一般的に必要性があることと言えば、夏場のビキニラインの問題でしょう。
せっかくの素敵な水着から、アンダーヘアがはみだしていては恥ずかしいですから、それを考えるとアンダーヘアの脱毛は必須です。
それ以外でも、デリケートゾーンのかゆみや、ムレから解放されたいという方もデリケートゾーンの脱毛するようです。
海外ではVIO脱毛は常識となっており、映画やドラマなどでそのようなシーンを見かけることも多く、その影響で日本でもVIO脱毛が注目されるようになったのです。
セレブ界では、アンダーヘアをすべて脱毛してしまうことも常識だそうです。
また、雑菌が繁殖しがちなデリケートゾーンは、アンダーヘアがないとより衛生的に保てると言われています。
「つるつるのデリケートゾーンは恥ずかしい」という方もいれば「放置している方が恥ずかしい」という方もいるのです。
さて、VIO脱毛のネーミングの意味ですが、これは特定の部位をアルファベットで表しています。
ビキニラインが「V」、陰部周囲が「I」で、肛門周囲が「O」、ということで、三つ合わせて「VIO脱毛」と呼んでいます。

 

 

アンダーヘアの脱毛はその部位をアルファベットで表しているので、VIO脱毛と呼ばれています。
昔は脱毛と言えば、カミソリや毛抜きが主流でしたが、最近では高性能の家庭用脱毛器も登場しています。
それに、エステサロンの脱毛施術も格安になってきましたし、激安の脱毛サロンも登場していて、一般の方でも脱毛施術が身近になってきました。
始めは「脇だけ」とか「足だけ」と思っていても施術の効果を実感すると、どんどんいろいろな部位を脱毛したくなってくるものです。
その結果、最終的にVIO脱毛に興味を持つ方も多いようです。
VIO脱毛の効果は見た目のすっきりだけではなく、デリケートゾーンがよくかぶれるとか、ムレが気になるという方にもおすすめです。
また、大胆な水着を着用する方、セクシーな下着を身に着ける方、Tバックなどの下着をかっこよく履きたいという方にもVIO脱毛はおすすめです。
アンダーヘアを気にすることがなくなりますから、どんなタイプの下着や水着でも着こなせます。
それに、VIO脱毛は性感染症の予防にも繋がるといわれています。
アンダーヘアを媒介にするケジラミなどの感染症がありますが、毛がないことでそれを予防できるのです。
また、アンダーヘアの量が多いとか、剛毛とか、下の毛で悩んでいる方も多いですよね。
彼とのベッドタイムを前に「このままでは嫌われてしまうのでは?」と悩む方もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、VIO脱毛で下の毛をすべて取ってしまえば、もう悩むことはありません。

 

 

VIO脱毛は自分では見えにくい場所、処理しづらい場所なので、自己処理をしようとすると、ダメージを与えて傷になったり、肌トラブルになったりすることも多いです。
カミソリなどを使って自己処理するよりは、プロに任せたほうがずっと安心でしょう。
プロの施術を受けるときは当然ながら、サロンのスタッフさんに恥ずかしい部分を見せることになります。
それに抵抗があるという方も多いようですが、プロのスタッフさんはいつものことですから、気にすることはありません。
それよりも、自分でVIO脱毛をして、デリケートな部分にトラブルが起こるほうが怖いです。
また、脱毛サロンでは、施術前に十分なカウンセリングをするので、事前にアンダーヘアの悩みや、施術に対して恥ずかしいというようなことは聞いてもらえます。
そうすると、スタッフさんとの信頼関係も生まれ、施術に対して抵抗感が薄れるそうですから、VIO脱毛に関して疑問や不安があれば、カウンセリングの際にきちんと伝えておくことをおすすめします。
恥ずかしさがクリアできたら、あとの不安はVIO脱毛の痛みでしょう。
痛みの感じ方は個人差がありますが、痛みに弱い方には、麻酔湿布を使うところも多いので、カウンセリングでその旨を伝えておくとよいでしょう。
また、アンダーヘアの脱毛は、手足と同じで、毛の生える周期に合わせて、何回か施術をしなければなりませんので、一度で終わるわけではないことを覚えて置きましょう。